診療内容

診察

◆皮膚科

皮膚科全般の診療を行っており、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の院長が、皮膚に関する詳しい知識・スキルを活かして診療しています。アトピー性皮膚炎、円形脱毛症、尋常性乾癬、尋常性白斑、掌蹠膿疱症に関しては、エキシマライトやナローバンドUVBによる紫外線療法を、ニキビ、帯状疱疹、口唇ヘルペスに関しては赤外線療法も行っています。

塗り薬を処方する際は、誤った使い方を防ぐために、量や塗布する場所などについて詳しくご説明することを心がけています。

◆アレルギー科

当院ではアトピー性皮膚炎の他、蕁麻疹、食物アレルギー、金属アレルギー、薬剤性アレルギー(薬疹)などの皮膚アレルギー性疾患の診療も得意とする分野です。アレルギーの原因を探るための検査も行っております。患者さんの症状に応じて治療に活用しています。処方する塗り薬は、ステロイドの強さに応じて用法が異なるため、誤用を防ぐためにも細やかに説明をしています。チューブタイプのものや、複数のお薬を混ぜてカップで処方する場合などがあり、それぞれの使い方を実際に使用しながら説明をしています。また、院内の設備で対応困難と判断した場合には、連携する医療機関をご紹介しています。

薬と軟膏